カテゴリー別アーカイブ: 工具

ベッセル(VESSEL)のウッディドライバー No.300

プラスドライバーセットが必要になり、ホームセンターを物色していると、見慣れないグリップ(柄)のドライバーを発見しました。

手に取って握ってみると握りやすく、手触りがとても気持ち良いです。見た目にも惹かれ、+1、+2、+3番とまとめ買いしてしまいました。非貫通タイプです。同じモデルの貫通タイプもありましたが、握ったときのバランスが非貫通タイプの方が良かったのでこちらにしました。

後で調べてみると、このウッディドライバーは柄に木材が練りこまれているようで、オイルが付着した手で回してもトルクが落ちないことが売りのようです。

メーカーが公表している↓の図から、絶対的なトルクはNo.700のスーパークッションに負けますが、オイルが着いたときのトルクは一番高いようです。

 

丸源鋸 大地 が届いた

ヒノキ、杉の枝打ちに使うノコギリを新調しました。
なぜかと言うと、今まで使っていたノコギリ(玉鳥 レザーソー LH27-A 剪定 板厚1.1㎜)の替刃が近所の店から無くなったことと、本体の痛みが目立ってきたためです。

新しく買ったのは丸源鋸工場の大地 細目 9寸(270㎜) 板厚7mmです。
出来杉計画さんのブログでこの丸源鋸(大地、森林)か天寿が枝打ちに合っているというような記事を参考にこのノコギリを選びました。daichi-1

丸源鋸は柄が木製と樹脂製があるようですが、握りやすさ(滑りにくく疲れにくい)を重視し樹脂製が良いと思いました。早速通販で注文しようと探しましたが、どの店も木製柄しか取り扱いがないようでした。丸源鋸工場の直販でも買えますが、郵便振替しか出来ないようで面倒だなと思っていたところ、楽天市場で見つけました。

須坂鋸67番大地9寸細目PG 手引き鋸

須坂鋸67番大地9寸細目PG 手引き鋸
価格:4,212円(税込、送料込)

実際に手に持ってみると樹脂製の持ち手は持ちやすく、こちらで正解だったと思います。
一つ気になる点は、今まで使っていた玉鳥のノコギリ(LH27-A 剪定) にはあさりがありませんでしたが、大地にはアサリがあります。枝の切断面にどの程度の影響があるのか見てみたいと思います。
daichi-2

 

刈込鋏

愛用の刈込鋏の刃が欠けて切れが悪くなっていたので、 

研いだ!

しかし、試し切りするとすぐに刃と刃が当たって欠けてしまった。
片刃の鉈と同じ要領で刃裏のカエリは軽めに砥いでみたが、どうやらハサミ形状の刃物はカエリを角度をつけて強めに砥いだ方が良いようだ。