車に残った両面テープを剥がす

特別に用意したもの:
カッターの刃
灯油

頑固な両面テープ
純正エアロと車体間に貼られていたりする両面テープ、年数が経っていると綺麗に剥がすことが非常に困難ですね。そこで、実践した方法をメモしておきます。
ここで紹介する方法は結構手荒な手法なので、ボロ車で塗装のことなど気にしないと自負できる車にのみお試しください。

画像の赤丸部分は純正サイドステップに貼られていた両面テープの残骸です。
削ぎ落とせる物は削ぎ落とす!
カッターの刃を用意し、角度をボディとほぼ平行に構えて、テープ痕のカスを削ぎ落とします。カッターの刃を立てすぎると塗装に傷がつきやすくなると思うので、最小限の角度を保ってください。このとき、平行に移動させるよりは斜めに移動させるようにした方が刃の通りが良いはずです。ゆっくりとあせらず削ぎ落としてください。
塗装は簡単には剥がれませんが、小刻みに斜めに移動するようにしているとその分塗装へのダメージが懸念されるので、あせらずに。
この作業で両面テープの固形物(カス)をできるだけ取るようにすれば、粘着痕だけが残るはずです。がんばればこの作業で粘着痕も剥がせますが、塗装も削る可能性大なのでこれは残して次の手順へ行きます。
灯油で溶かす
さて、前の手順で固形物はできるだけ削ぎ落としておきましょう。そうしておかないとここでの効果が半減します。
少量の灯油を用意し、綺麗な雑巾や廃衣類等に灯油を浸し、思い切ってボディの両面テープ粘着痕をフキフキします。恐らくそのままでは綺麗にならないはずです。しばらく放置していると粘着痕に灯油が浸透するので、爪を立てて粘着痕上をスーと走らせると綺麗に粘着痕が剥がれていきます。この作業で完全に粘着痕を除去して、最後に綺麗な布で乾拭きすると完成です。
灯油でボディを拭くと割と頑固な汚れが落ちるのでついつい広範囲に拭いてしまいました。
赤丸の範囲を拭きました。ぼろい車だから成せる技ですが。