キーレスの電池交換でネジ山を舐めた話

リモコンキーの電池交換
AZワゴン(ベースはワゴンR)のキーレスキーの反応が悪くなってきたので電池交換をすることにしました。何のことは無い作業だと思っていたところ痛い目にあいました。
小さいプラスネジ(0番)を1本外せば良いのですが、手持ちのグリップが細い精密ドライバーでは固く、舐める覚悟で回したところ、舐めてしまった(´Д`)
調べてみるとネジロック剤が塗布してあるとのこと…。仕方がないのでネジの頭をドリルで削って開けることにしました。
電気ドリルではミスると怖いので↓の手廻しドリルで作業しました。
←の写真はドリルで頭を削ったところです。
手廻しドリル
刃は2.5㎜だったかな?
開いた
ドリルでネジの頭を削ると、パカッと開きました。ネジが残っています。この残っている部分をロッキングプライヤーで掴み、回して外します。
しかし、飛び出ている部分が若干短く、ガッチリつかめません。ドリルで削りすぎたか…。
破壊
仕方ないので樹脂の部分をニッパーで切り取りスペースを確保しました。
ネジを外す
小型のロッキングプライヤー(ロブテックス(エビ) バイスプライヤ VL-100)でつかんでまわす。
取れた
外れました。溝に青いカスが付いているので、ネジロック剤が塗布されていたことが分かります。
新しいネジ
M2×6mmの皿ネジを買ってきました。M2で長さがいろいろセットになったものです。
完成
ネジの頭が少し大きいですが、問題なしです。