胃カメラと大腸カメラを同時に受けてみた

検査日
検査日:2015年10月7日(水)
きっかけ
有名人ががんで亡くなるというニュースが続き、勤務先の同僚に大腸がんが見つかったこともあり、良い機会だと胃カメラと大腸カメラ+ピロリ菌検査を受ける決心をした。稀にトイレットペーパーに血と思われる液体が僅かに付着していたこともあって少し気掛かりだったこともある。ただの痔なら良いが…。いや、痔でも嫌だが…。
歳は30代前半で、これまで大きな病気にかかったことがなく胃カメラ・大腸カメラはおろかバリウムも飲んだことがない。
受診
まずはインターネットで胃と大腸カメラを実施している病院を探し、詳しい話を聞きに行った(受診した)。ここで疑問点などを聞き、問診と採血をしてもらってB型・C型肝炎が無いかチェック。胃カメラと大腸カメラを予約した。
大腸カメラを受けるためには、検査当日におよそ2Lの下剤を飲まなければならない。病院か自宅で飲むのだけれど、自宅で飲むことになった。このため、下剤を2種類(ラキソベロンとモビプレップ)もらって帰宅した。
検査前日
検査前日の夜9時ごろにラキソベロンを飲み(コップ1杯約200mlの水に10ml全量を投下した)、眠りについた。この下剤は効果が現れるまで数時間掛かるようで夜中にトイレに行くことはなかった。
検査当日1
前日飲んだ下剤が効いてきたのか、朝6時ごろに便意をもよおしトイレに入った。その後もう一度トイレに行った。
検査当日2 モビプレップを作る
朝7時から2時間かけてメインの下剤(経口腸管洗浄剤モビプレップ)を飲むよう指示されていたため、モビプレップを用意。モビプレップは透明な容器に粉末が入っているので計2Lの水を入れてシャカシャカ振って完成させる。
検査当日3 モビプレップを飲む
7時15分ごろからモビプレップを飲み始めた。2杯目までは15分以上掛けて飲むよう説明書に書かれているのでそのように飲んだ。味はポカリスエット風味。決しておいしくは無いが、飲むのが苦痛なほどまずいわけでもない。
8時ごろ、3杯目を飲んでいる頃に1回目のトイレに行った。その後も何度かトイレに行き、10時ごろにようやく1L飲み終えた。この後モビプレップの半量(500ml)の水を飲む(脱水症状予防とのこと)。この時点で便に固形物やカスが無く、透明に近い色であれば終了らしい。が、カスは無いものの色がかなり黄色だったため、さらにモビプレップを飲んだ。ここからはモビプレップ1杯(約200ml)毎に水100mlを交互に飲んでいく。
水分を大量に飲んでいることもあり、体は冷たい。説明書には寒気がしたら病院に連絡と記載されているが、服を多めに着て対応…。しかしなかなか便が透明にならない。そこで病院に電話してみると、固形物やカスが無ければ良いですよとのこと。それなら1~1.2L程度飲んだ時点で終了してもよかったということか…。結局モビプレップを約1.7L飲んだところで便の色も薄い黄色になっていたので終了とした。
モビプレップを飲み終わって何度かトイレに行くと便意は止まるのだけど、何回目が最後か分からないのでこの後病院に向かう道中で便意を催さないか心配だった。
病院の検査予定時間は11時だったが、結局到着したのが12時前になった(病院には連絡済み)。
検査前準備
病院で受付けを済ますと奥に通され、上は検査着、下はお尻の部分に穴が開いた紙パンツにはき替えた。そして腕に点滴。点滴の目的は聞いていないが、大腸の働きを弱めるためだろうか(他サイトより)。
鎮静剤を打って寝ている間に検査を終えることもできるみたいだが、とりあえず使用せずに受けてうまく検査できない場合に打ってもらうことにした。
胃カメラ開始
喉に麻酔するためにアイスクリームみないなものを舐めさせられた。溶けるころには喉に違和感を感じ、飲み込むという動作がやりにくくなった。さらにスプレータイプの麻酔を口の中にシュッシュされ前準備完了。いよいよ胃カメラを飲む。
カメラが喉まで入ったところで飲み込むよう指示されるのだけど、なかなか飲めない。何度かやっているうちに入り一瞬オエッとなる。飲み込んでしまうと、体内にかなり違和感があり少ししんどいものの痛さなどはなかった。カメラの映像がモニタ越しに見れるのでずっと見ていた。胃液?が残っている部分はカメラを通して吸出したり、水で流していた。最後にピロリ菌検査のため、胃の組織を極小のUFOキャッチャーのアームのような物でブチリと引きちぎって終了(ちぎったところからは出血していた)。
大腸カメラ開始
体位を変えて続けて大腸カメラを受けた。最初にゼリーのようなものをお尻の穴に塗るとのことだったが、お尻の中まで一気にズボッと指を入れられた。これが痛い痛い。検査を通して1、2位を争う痛さだった。
そしてカメラ挿入。一度奥(小腸の入り口?)まで進んでから戻りながらゆっくり見ていくのだが、奥に進むときに違和感というか痛みを感じた。直進部分はあまり感じないが、曲がっている部分を通過するときに顕著に感じる。
奥まで到達すると戻りながら観察していく。この時もモニター越しに大腸内部をずっと見ていた。ところどころに液体の便が残っていたのでカメラを通して吸出し、よく見えないところは水を出して洗い流していた。
大腸の壁に細い血管がたくさん走っていて、これは正常なのか?と訊くと、これが正常でこうなっていないと逆におかしいらしい。肛門付近まで戻るとカメラを出口方向に向けて肛門内部を観察。このとき痔が見つかる…。そして検査終了。
看護師さんにお尻周りを拭いてもらったものの、紙パンツにゼリーだか水だかよくわからない液体が付着して気持ち悪かった。
結果を聞く
胃カメラの結果、なんとピロリ菌がいた。30代では保菌者が30%程度らしいが、見事に当たってしまった。そしてピロリンが原因と思われる慢性胃炎があると言われた(霜降り肉のような感じになっていた)。ポリープ等は無く、次の胃カメラは3、4年後で良いと言われた。
次に大腸カメラの結果、こちらもポリープ等は見つからなかったが、痔がある…。これは処置方法が無いらしく、辛いものを食べ過ぎないとか、排便時にいきまないとのことだった。次の大腸カメラは嘘か本当か10年後で良いと言われた。
先回の受診時に採血した血液検査の結果も聞き、こちらも異常なしだった。
これで検査終了。ピロリンの除菌薬(1週間分)を貰い家路についた。ピロリン除菌成否の検査は2ヶ月後の12月半ばとなった。
帰宅後
大腸カメラのときに空気を注入していたようで、ガスを出したくなる。しかし下剤やらカメラから水やらを注入されているため、それらも出そうになる…。これは厄介だった。万全を期すため、トイレに籠ってガスを出した。案の定何やら液体も一緒に出てきた。

便は検査3日後くらいからそれなりに出るようになった。
総括
今回胃カメラ&大腸カメラ+ピロリン検査を受けて本当に良かったと感じた。大きな異常がなく安心したのと、自分の体内を直に見たことで人間も生物なんだと改めて実感した。今まで以上に食事など健康に気を使うきっかけにもなった。若くて体調に不安を感じていない方にはこれらの検査はあまりお勧めしませんが、体調に少しでも不安を感じている方は若い方でも思い切って一度受けてみることをお勧めします。
今回の検査で気付いた点
・今回の下剤は前日の夕食まで厳しい食事制限はなかったが(それでも消化の悪いものは控えろという指示あり)、万全を期すため、他サイトを参考にしながら前日は消化の良さそうなものを食べた。ちなみに夕飯は素うどん。
・トイレの照明は便の色を判断しやすくするため電球色ではなく白色系が良い。
・朝から下剤(水)を飲みトイレにも長居するため、寒い季節に受けると寒さ対策が大変だと思う。水は冷たいしトイレも寒いため体が冷えるはず。
料金
・初診(問診、お腹触診、血液検査、下剤処方):4,110円
・検査当日(胃カメラ、大腸カメラ、ピロリン検査、ピロリ除菌薬):11,510円
※3割負担