RTX1200 を手放した

2014.03.25 作成

RTX1200を売却
RTX1200 RTX810 IX2105 と業務用ルーターを家庭で使用するために集めてきましたが、さすがに3台も使いきれないので、RTX1200を手放すことにしました。なぜRTX1200なのかと言うと、主な点は次の2つ。まず、この3機種の中で一番消費電力が高いこと、次に動作周辺温度が最高40℃までと、他の2機種(50℃まで)より低いこと。企業のサーバールーム等空調管理のされているところなら能力を最大限に発揮できるだろうが、家庭で使う以上、真夏に家の窓を締め切った状態を考えると、動作温度が40℃まででは不安が残る。また、RTX1200で出来ることはRTX810でも大半のことができる点も大きい。RTX810とIX2105を残せば、ヤマハとNECそれぞれを勉強できるし、VPNなど連携も実験することができる。
RTX1200はフロントパネルを改めて見てみると化粧パネル?が使われていてなかなかかっこ良いし、Made in Japan なのでRTX810より良い部品を使っているかもしれないが、上記のことからまだ値打ちのあるうちに手放すことにしました。