180SXのエアコン撤去(軽量化)

エアコンコンプレッサー
エアコンコンプレッサー 7.8kg

コンプレッサーは四隅のボルトで留まっています(分かりにくいと思いますが、ここの6枚目のコンプレッサブラケットをご参照)。
それを外せば落ちてきます。
コンプレッサー上部に配線カプラがありますので、忘れずそれも外してください。
インテークパイプを外して上から手を入れて外しました。奥の2本のボルトがどれか分かれば潜らなくても作業できます。
コンプレッサブラケットはコンプレッサーを外せばボルトにアクセスできるので、ついでに外せます。

ちなみに、夏の暑さに我慢できなくなってまたエアコンを取り付けましたが、そのときも上からの作業だけで装着できました。
コンデンサファン
コンデンサファン 1.4kg
エバポレーター本体
エバポレーター本体 2.4kg

グローブボックスとそのステーを外すと、左からブロアモーター、エバポレーターBOX、ヒーターBOXと並んでいます。
エバポレーターBOXを固定している10mmボルト5本を外して手前にゴソゴソするとBOXが外せます。
エバポレーター(BOXのみ)
エバポレーター(BOXのみ) 0.7kg
コンデンサ
コンデンサ 不明kg(~2kg位?)
コンプレッサブラケット
コンプレッサブラケット 3.4kg

コンプレッサを外した状態で、14mmボルト4本外せば取れます。
アイドラプーリー
アイドラプーリー 0.5kg
合計重量
合計15.5kg + コンデンサ(~2kg?)