180SXのオイルパン凹修理

※作業画像はありません
オイルパンに凹が!!!
さてさて、S13系ではオイルパンの凹みが命取りなのは有名な話ですが、いつのまにか凹ができていました。
オイルパンとストレーナーとの隙間には余裕がないので、凹が確認できるようなら早めに修理しておいた方が良いと思います。
エンジンオイルを抜く
まずはエンジンオイルを抜きます。オイルを抜いてすぐにオイルパンを外すとだらだらとタレてきますので、前日に抜いておくのが良いかもしれない。
ボルトを外す
オイルパン取り付けボルトを外します。奥まった所にあるボルトもあったような気がするので、エクステンション必須だったかもしれません。
ボルトを外したら、スクレイパー等を使ってオイルパンを外します。液状ガスケットでくっついているので足がかりに手間取るかもしれません。残った液状ガスケットはスクレイパー等で綺麗に落としておきます。
パンをパン
オイルパンは叩けば直りそうな状態だったので、前後に当て木をしてハンマーで叩いて平らにしました。
元に戻す
液状ガスケットを一周塗り、エンジンにくっつけ、ボルトで締めます。ボルトは一応対角線状に締めました。

液状ガスケットは手持ちの日産純正(PITWORK)を使いました。
部品番号:KA760-15000
完成!
翌日エンジンオイルを入れ、漏れがないことを確認して作業終了しました。