アイコム IC-DRC1 無線機購入

作成日:
購入理由

山仕事用に無線機を2台購入しました。

無線機のことはよくわからないのですが、通信距離の目安が見通しの良い場所で約3kmとなっていることや、GPSで相手との距離・方角が分かること、免許や登録が不要なことなどを考慮してアイコムのIC-DRC1に決めました。どこかのブログで林業関係者が使用している記事を見たことも影響しています。メーカーとしては、町内会・防災防犯など地域コミュニティ向けとしているようです。FMラジオも聞けますが、個人的にはラジオ機能は要らないかな。

これで、山林で別行動をしてもお互いに電波が届けば気軽に会話することができます。スマホでも基地局と電波が届けば会話できますが、通信料が掛かるし、操作するにも手袋を脱いだりと少し面倒です。この無線機を山林で試してみましたが、起伏があまりない地形では1km程度の距離でもクリアに会話できました。筋の違う谷底同士はまだ試していないので、また試してみます。

会話は、ちょっとした設定で1対1、グループ間、全員に対してできるようです。2台しか手元にないので多人数での使用感は分かりませんが、恐らく便利なのでしょう…。

2018年11月に発売されたまだ新しい製品のようです。アンテナ、ベルトクリップ、吊り紐、充電器など必要な物は一式セットになっています。充電はUSBケーブルで出来ます。人前でもこっそり会話できるように、別売の小型イヤホンマイクロホン(HM-166LS)も購入しました。

この無線機とパソコンをUSBケーブルで繋いで、専用ソフトをダウンロード、インストールすると無線機の位置をパソコンの地図上にプロットする機能も付いています。山林の境界に沿って歩くと手軽に地図上に表示できて便利かもしれません。


関連記事