カテゴリー別アーカイブ: 資格・検定

情報処理安全確保支援士の登録申請をやってみた

2017年4月から始まる国家資格の「情報処理安全確保支援士」(登録セキスペ)の登録申請をやってみました。
必要な書類が多いため、仕事を休んで法務局に行ったり役所に行ったり、面倒くさかったです。

以前、情報セキュリティスペシャリストに合格しているので、経過措置として制度開始から2年間は自動的に新しい資格の取得資格を持っています。

ただ、この新制度、これまでの制度と違い多額の費用(維持費)が掛かるようです。
取得時に約2万円。また、講習が毎年必要になり、オンライン講習2万円×3年と3年目には集合講習として8万円の3年合計14万円、さらに、集合講習は都市部のようですから、交通費と宿泊費も掛かってくることが予想されます。
正直なところ、3年ごとに14万円+αを支払うだけの価値があるとは今のところ思えません。とりあえず登録申請はしてみたののの、更新するかどうかは未定です。

 

無勉強で情報セキュリティマネジメント試験に合格した話

平成28年度(2016年) 春期の情報処理技術者試験から開始された情報セキュリティマネジメント試験に合格しました。

sg

情報セキュリティスペシャリストを持っているし、統計上初試験は合格率も高いため、勉強時間ゼロ(無勉強)で臨みました。完全にナメています…。

午前は何問か分からない問題(用語)がありましたが、残り15分のところで退室しました。

午後問題は問1が思いのほか簡単に解答できたのでこれは楽勝と思うも、問2が思ったより難しく、基本情報の午後やネスぺ・セキュスペの午後問題に通ずる何かがありました。
問1は20分程、問2は50分近く消費してしまい、問3は残り20分程度でしたが、この3問の中では一番やさしく感じ、なんとか時間内に終えました。
各試験に共通すると思いますが、午後問題は諦めない心が重要です。

自己採点の結果、午後は問1、問3が全問正解、問2を2問だけ落としていました。

この試験は技術的なことを問うというよりは、セキュリティ上より安全な運用策を問うているように感じました。

結果は午前84点、午後91点で合格しました。
統計資料を見ると、なんと合格率は88%でした。やはり初試験というのは合格率が高いのかもしれません。次回以降は40~60%程度まで落ちるのではないでしょうか。

情報セキュリティマネジメント試験を申し込んだ

新試験「情報セキュリティマネジメント」

春の情報処理技術者試験申し込みシーズンになりました(締め切りまであと1日)。試験制度の大きな動きとして、この春から新試験「情報セキュリティマネジメント試験」が加わるようです。セキュリティ系の試験ということで興味をそそられます。

午前1免除があるが…

高度試験の午前1免除が今回で切れるため、ダメもとでシステム監査を受けるか、この新しい方を受けるかで悩みましたが、システム監査の方はまったく勉強していないし情報セキュリティマネジメントの方が面白そうなので情報セキュマネを受けることにしました。
情報セキュスペを持っているので何とかなりそうな気もしますが、油断大敵、頑張って勉強しようと思います。受かるのでしょうか。